2008年05月18日

ウッドデッキの設計図の書き方


最近では、DIYブームで、ウッドデッキも手作りしたい!という人が増えてきましたね。
手作りすれば、自由にデザインができ、愛着のあるウッドデッキになりますが、手作りするには、施工前に色々と準備が必要です。 
その中でも忘れてはならない重要なことに、設計図製作があります。 

大体のイメージはつかめているから、設計図は必要ないかな・・・なんて思わないで下さい。
作業をスムーズに、効率良く進めるために、設計図は必ず必要なものです。 
作業の手順を確認するだけでなく、木材と資材を、どれだけ調達しなければいけないか、計算する時にも役立ちます。 
作業を始めてから木材が足りなくなった、という問題が起こらないように、設計図はしっかり書いておきましょう。

ちょっと大変そう、とおもう人もいるかもしれませんが、設計図は自分なりに、分かりやすく書けていればOKです。 
もちろん、正確に書かれていればいるほどイメージがつかみやすいですが、神経質になることはありません。
設計用ソフトや、方眼紙を使い、きっちりと作成しても良いですが、手書きでも構わないですよ。

まずはかんたんに全体のスケッチを書いて、設置する場所を計測しながら、寸法を決めましょう。

設計図には、ウッドデッキを真上から見た平面図、正面から見た正面図の他に、根太や沓石の位置を記した根太伏せ図も必要です。 
根太伏せ図は、ウッドデッキの大切な基礎の部分ですので、忘れずに書いておいて下さい。

書いた設計図は拡大コピーをしておきましょう。
施工する時に近くに置いておくと、確認しやすく、作業がスムーズに運びますよ。

ウッドデッキマニアでは、ウッドデッキの作り方や施工方法などについて解説。自作で作るときに便利な工具や作り方のアドバイスの他、施工例等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、(zqq11qq◆yahoo.co.jp)◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by ウッドデッキ at 02:39| ウッドデッキ初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。